標準体重☆ウオーキング

血液サラサラ健康ライフ

標準体重とウオーキング

標準体重とウオーキング

     心臓病の予防と治療では、体重を適正(標準体重)に保つ事が、
     大変重要な事はよく知られている事ですね。 こちらのページでは
     国際基準の標準体重を計るBMI と有酸素運動で一番の人気の
     ウオーキング
を紹介しています。

     たとえはよくありませんが、体重60キロの人の全身に血液を送っている心臓が、
     80キロに肥えれば同じ心臓がたくさんの血液を送らなければならないので
     それだけ、心臓には大きな負担になるという事です!

     健康の為に自分の標準体重を維持するよう心がけましょう!
     今では標準体重の計算は国際基準のBMI(ボディ・マス・インデックス) が
     一般的です。それは次のような計算式です。

       BMI=体重s÷(身長m×身長m)
       標準体重=(身長m×身長m)×22  

       日本肥満学会のBMI指数基準判定
       BMI=22.0 ・・・・標準体重
       BMI<18.5 ・・・・やせ
       18.5≦BMI<25.0・・普通体重
       BMI≧25.0 ・・・・肥満
        (私は現在、172センチ、70キロでBMI23.7なので、BMI22まではあと
         5キロ痩せないと駄目という事です)

     そしてこの標準体重を維持する為には何といっても、食事と運動が大切です。
     運動といってもたくさんの方法・種類がありますがこちらでは心臓病の予防に
     最も効果的な有酸素運動のウォーキングを紹介します。

     最近はウォーキングをされる方も増えてきましたね!シューズ以外に
     特別な用意が必要なく、誰でも手軽に始められる運動なので是非
     続けたいですね!

     最初は一日20分、週三日くらいから始めてみてはいかがでしょう!
     そして慣れてきたら少しづつ、歩く日数と時間を増やしていけば負担も少なく、
     ダイエット効果、そして心肺機能の強化が期待でき、心臓病の予防にも
     役にたつ事でしょう。

     ウオーキングシューズの選び方は、
       @つま先に余裕がある。(0.5〜1cm)
       Aかかとにも余裕がある(0.5センチ)
       B靴底に厚みがありクッション性、弾力性がある。
       C土踏まずがぴったりフィットする。
       D汗の吸収・放出性に優れている・・・
        などがあげられますが、購入の際は実際に履いてみて少し歩いて
        みましょう。

     歩く時間帯は、自分の生活に合った時間でかまいませんが、真冬の
     寒い日の朝などは、急に血圧があがったりするので控えた方がいいと思います。

     また正しい姿勢で歩く事も大切ですね。あごを引いて、背筋を伸ばして、
     胸を張って、大きく腕を振って、歩きましょう!

     ウオーキングの一番の弱点は、動きが単調なのでどうしても長続きしない事です。
     歩くルートを変えてみる、音楽を聴きながら歩く、複数で歩くなどで
     変化を持たせる事も大切ですが、一番はウオーキングを毎日の習慣にする事が
     長続きの秘訣です。



 

  血液サラサラ健康ライフ・トップ
 

  体験談・発病〜入院

  体験談・入院〜手術

  体験談・手術〜退院
 
  体験談・退院〜今思う事

  心筋梗塞とは

  冠動脈バイパス手術とは

  標準体重とウオーキング

  心臓病と食事

  ストレスと心臓病

  生活習慣病と心臓病

  あなたの血液サラサラ度は?

  

  プロフィール

   管理人へメール 

  リンク集


血液サラサラ健康ライフ
Copyright (C)  All Rights Reserved