食事

血液サラサラ健康ライフ

食事と心臓病

食事と心臓病

     心臓病予防は何といっても食事、運動、ストレス、禁煙が大切といわれています。
     こちらのページではその中でもっとも大切な食事についてごく簡単にまとめました。
     食事は心臓病だけでなく、脳梗塞予防にも通じる事が多いので
     毎日気をつけましょう!

    心臓病予防の食生活のポイント
     @エネルギーの摂り過ぎに注意
        エネルギーの摂り過ぎは、肥満を招き、肥満は糖尿病や高血圧を招き、
        また中性脂肪・コレステロールを上昇させ動脈硬化を起こし、心筋梗塞や
        脳梗塞などを起こします。

     Aバランスの取れた食事をとる
        食事は偏らないように1日30食品を目標にとる。朝・昼・夜 それぞれに、
        主食、主菜、副菜を組み合わせる。また、朝 食を摂らなかったり、
        一日4食になったり、就寝前の食事な どの不規則な摂り方はやめる。
        出来れば決まった時間に摂るのが理想的で、食事と食事の時間は
        最低4時間以上開ける ようにしましょう。

     B動物性脂肪より植物性脂肪を
        脂肪には、肉類・乳製品・卵・などに含まれる動物性脂肪 と、大豆製品などに
        含まれている植物性脂肪がありますが 、動物性脂肪はコレステロールを
        増加させる働きがあるの で摂り過ぎないようにし植物性脂肪の割合を多くする。
        特に、鶏肉、魚卵、動物の内臓などはコレステロールを多 く含むので
        控えるようにする。

     C塩分の摂りすぎに注意
        塩分の摂りすぎは高血圧の原因です。薄味を心がけ、塩分 を多く含む
        佃煮や魚・肉などの加工品(魚肉練製品、干物 、ハム、ウインナ−、など)、
        漬け物 などは控えるよう にする。

     D食物繊維を多く摂りましょう
        食物繊維を十分に摂ると動脈硬化の予防に役立つことが分 かってきました。
        野菜、いも、海藻、きのこ、こんにゃく などには食物繊維が多く含まれています。

     E外食は控えましょう。
        外食は、好きなもの美味しいものに偏りがちになるだけで なく、
        塩分・糖分が多い事もよくあります。仕事上、外食 は無くす事は難しいかも
        知れませんが、一日一回以内に減らす事や、バランスを考えましょう。
   
   ★ 心臓病などによいと言われている食材 “ お さ か な す き ね ” を
      見直しましょう。
      ・ お -- お茶         ・ す --  お酢
      ・ さ --  魚          ・ き --  きのこ類
      ・ か -- 海草類        ・ ね --  ねぎ類
      ・ な -- 納豆
      


 

  血液サラサラ健康ライフ・トップ
 

  体験談・発病〜入院

  体験談・入院〜手術

  体験談・手術〜退院
 
  体験談・退院〜今思う事

  心筋梗塞とは

  冠動脈バイパス手術とは

  標準体重とウオーキング

  心臓病と食事

  ストレスと心臓病

  生活習慣病と心臓病

  あなたの血液サラサラ度は?

  

  プロフィール

   管理人へメール 

  リンク集


血液サラサラ健康ライフ
Copyright (C)  All Rights Reserved