心筋梗塞

血液サラサラ健康ライフ

心筋梗塞とはどんな病気?

心筋梗塞とは

     今、日本の三大死因とは、ガン、心臓病(心筋梗塞)、脳血管疾患 
     と言われています。私の周りでも、父が脳梗塞、祖母が脳溢血、叔父がガン 
     そして友人が脳梗塞・心筋梗塞で倒れたりしています。

     心臓は全身に血液を通じ酸素・栄養を休まず送り続けてくれているポンプです。
     その酸素・栄養で私達の身体の機能が保たれるわけです。

     そのポンプである心臓も筋肉でできている以上、酸素・栄養は必要です。
     その心臓自身に血液を送っている血管が3本の冠状動脈です。
     (右冠動脈、左前下行枝、左回旋枝) 
     
     そして何らかの原因で、この冠動脈に十分な血液が流れなくなると、心臓の
     ポンプ機能に異常が起こります。これが、狭心症・心筋梗塞などの
     虚血性心疾患です。狭心症とは血液が流れにくくなる事、心筋梗塞は流れなく
     なることなのです。

     そしてその原因は冠動脈の老化、つまり動脈硬化です。
     その動脈硬化の原因は、加齢、肥満、高脂血症、高血圧、糖尿病、喫煙、ストレス
     などと言われています。

     その症状は主に激しい胸痛です。胸の中央部からみぞおちの深いところが
     締め付けられるような痛み、圧迫されるような痛みなのです。
     (私の場合もまさにこの痛みでした)

     狭心症の場合、五分ほど安静にしていると治まっていきますが心筋梗塞の場合
     15以上続く事もあります。そんな場合は早い救急車の手配も必要です。

     先日の自身の入院時の心エコー検査の時に思ったのは、心臓は身体の中で
     一番の働き者であるんだな〜!と映像を見ながら感じました。
     にも関わらず日頃労わってないんですよね! 

     胃は空っぽ時は休んでる、脳や筋肉は寝てる時は休憩している・・・などなど。
     しかし心臓は生まれてから死ぬまで一時も休まず働き続けています。
     そんな働き者の心臓を労わってあがなければいけないなあと、痛感しました。



 

  血液サラサラ健康ライフ・トップ
 

  体験談・発病〜入院

  体験談・入院〜手術

  体験談・手術〜退院
 
  体験談・退院〜今思う事

  心筋梗塞とは

  冠動脈バイパス手術とは

  標準体重とウオーキング

  心臓病と食事

  ストレスと心臓病

  生活習慣病と心臓病

  あなたの血液サラサラ度は?

  

  プロフィール

   管理人へメール 

  リンク集


血液サラサラ健康ライフ
Copyright (C)  All Rights Reserved